« August 2016 | Main

March 31, 2017

Kindleのコレクション管理

2012年発売の初代Kindle Paperwhite(以下PW1)を持っているのですが、Kindleはコレクション管理が面倒です。(KoboはCalibreと同期をとるという方法があります)

Kindle for PCとかを使ってPC上で管理し、クラウドと同期する、というのが普通のやり方でしょうが、購入本以外の書籍を多量に持っているとこの方法が使えません。かと言って、端末上で一冊一冊コレクションを設定するのはあまりにも面倒です。

実はCalibreで設定したタグをKindleのコレクションに反映させるLibrarianというツールがあるのですが、Jailbreakが必要ということで手を出していませんでした。(ファームウェアが5.6.1.1に上がったPW1はJailbreakができないと思っていたので)。
ところが、PW1のファームウェアを5.3.3に下げる手段があることがわかり、Jailbreakもできたので、Librarianを使ってみたのですが、想像以上に便利でした。KoboのようにCalibreで設定して転送して終わり、というわけにはいかず、少し手順がかかりますが、それでも一つ一つ設定することに比べれば段違いです。

こうなってくると、もう少しメモリの多いKindleが欲しくなりますね。PW1はメモリ2GBでユーザーが使える領域はその半分くらいなので、さすがに少ないです。

| TrackBack (0)

Amazon Fire タブレット(2015)と Calibre Companion

AmazonのFireタブレットは2015年発売のものからmicroSDカードスロットを装備するようになり、さらに2016年の半ばにはそのmicroSDカードに書籍データを保存できるようになりました。

ということで、中古のFireを購入して使い勝手を試してみました。

が。

確かに、Amazonで購入した電子書籍をmicroSDカードに保存するようにはできる(Android版のKindleアプリではこれができない)のですが、自作の電子書籍ファイルをmicroSDカードのBooksフォルダに格納しても、Fireのライブラリにはその一部しか現れません。
全く現れないのならそういうものかと思うのですが、一部のファイルは出てくるので不思議です。何か方法があるかもしれませんが、今のところわかりません。

そこで、AmazonのアプリストアにあるCalibre Companion(有料です)を導入して、これでライブラリ管理をすることにしました。これのライブラリはmicroSDカードを含めてどこにでも作ることができますし、そのライブラリからFireのKindleアプリを呼び出して本を読むことができます。また、その名のとおり、PC上のCalibre(これは無料のライブラリ管理ソフト)と連携を取ることができるので、PC上で書籍にタグをつけてFireに送り、タグによる分類を行うといった使い方ができます。

欠点は、Calibre CompanionのライブラリからKindleアプリを呼び出した場合、アプリを閉じたときに読んでいた場所を記憶してくれない、ということです。「しおり」ははさめるので、読書を中断するときにはしおりをはさむ習慣にすれば良いのですが、これがなかなか面倒で。

なお、AndroidにもCalibre Companionがありますが、AndroidではライブラリをmicroSDカード上に作った場合にKindleアプリで本を読むことができません。

| TrackBack (0)

« August 2016 | Main