« Kindle レンガに... そして復帰 | Main | microSDカードスロット付きFireタブレット(駄弁) »

July 02, 2015

Kindle Fire HD 7 (2012) (CM12入り)をオーバークロックしてみた

Cyanogemodの12を載せているKindle Fire HD 7 (2012版)の話です。

固定フォーマット(自炊本)の対応がうまくいったので、手持ちの電子書籍がほぼすべてKindle for Androidで読めるようになりました。そこで、このタブレットに(読書用アプリとしては)Kindle for Androidだけを載せて読書用タブレットとして使ってみています。(「ほぼすべて」なのは、Reader Storeで買った雑誌とかが若干あり、それらが読めないため)。

およそ1400冊の本があるので、「コレクション」を40くらい作って分類しているのですが、使っていると、「コレクション」画面に移動するときとか、「コレクション」画面をスクロールするときにしばしば引っかかるようになり、時には「このアプリは応答していません」というメッセージが出るなど、残念な症状が出るようになってしまいました。

# そういえば、Kindle for Androidはもともと「重い」アプリでしたよね。

いったん本を開けばそのあとはスムーズなので、少し我慢すれば良いだけなのですが、それでもちょっと許容範囲を超えています(←個人の感想です)。でも、だからといって、これだけのために高スペックのタブレットを入手するのもいかがなものか...(Fire HDX 7はあきらかに高性能なのですが、用途が読書だけだとすると、逆にちょっとオーバースペックな気がします)

ということで、プチ・チューニングを試みました。Cyanogenmodは設定の中に"performance"という項目があり、そこでCPUのクロックと、I/Oスケジューラを変更することができます。これらをいじるわけですが、結論から言うとCPUクロックの上限値を1200MHzから1500MHzに引き上げることで、「引っかかり」が若干軽減されることがわかりました。試行錯誤の中では、I/Oスケジューラの変更とか、バックグラウンドプロセス数の制限(こちらは「開発者用オプション」で設定)とか、いろいろ試したのですが効果がなく、結局のところ単純に処理が重かったということのようです。

その後、(CM12.1にアップデートしてからのことですが)アプリを立ち上げっぱなしにしていると(他のプロセスが終了して?)だんだん軽くなるらしい、ということが経験的にわかっています。

(2015.10.6追記) その後、Kindle for Androidが何回かアップデートされて、「引っかかり」はほとんどなくなりました。その副作用(?)でちょっとおかしなことが起こるのですが、全く実害がないので快適に使っています。

« Kindle レンガに... そして復帰 | Main | microSDカードスロット付きFireタブレット(駄弁) »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34291/61828056

Listed below are links to weblogs that reference Kindle Fire HD 7 (2012) (CM12入り)をオーバークロックしてみた:

« Kindle レンガに... そして復帰 | Main | microSDカードスロット付きFireタブレット(駄弁) »