« Kindle用固定レイアウト本の作成について | Main | Kindle Fire HD 7 (2012) (CM12入り)をオーバークロックしてみた »

July 02, 2015

Kindle レンガに... そして復帰

いろいろじたばたしたので記録のために書いておきます。

CM12を入れていたKindle Fire HD 7 (2012)にシステムアップデートのお知らせが来たので、更新してみたところ、更新自体はふつうにできたのですが、その後なにかと不調になってしまったので、元にもどすことにしました(不調の原因は、このときのアップデートがCM12→CM12.1だったために、これに加えてgappsもAndroid 5.1用のものを入れる必要があった、ということだったようです)。

このときに、TWRPのワイプで、キャッシュやシステムと一緒に内部ストレージも同時にワイプしてしまったのが敗因です。PCから見えなくなってしまったので、システムを転送することができず、どうにもならなくなってしまいました。

そこで、米アマゾンでファクトリー・ケーブルなるものを購入し(自作のスキルはないので)、fastbootモードでboot、bootloader、recoveryをflashしましたが効果無く、ふと気づいてsystemとしてstackをflashしたら、ようやくPCから認識されたので、CMとgappsを転送してインストールしてめでたしめでたし。

かと思ったのですが.....

システムアップデートの通知が(また)来たので適用してみたところ、これはうまくいきました。
ところが、そのあとで(ちょっと事情があって)「ユーザーのアプリとデータを削除」を適用したところ、起動ループに陥ってしまったのです。(勝手にリカバリーモードに入ろうとして、TWRPの起動失敗を繰り返す)

「fastbootで焼き直せば良い」と簡単に考えていたのですが、再フラッシュしても一向に改善しないので、途方に暮れてしまいました。どうも、システムアップデートのときに、自動でリカバリーモードに入るフラグのようなものが立ったまま、中途半端にデータが消されたような気配です。

あきらめかけたのですが、そもそもfastbootで何ができるのかを調べたら、パーティションの消去ができるらしい、ということがわかったので、boot、bootloader、recovery、systemをeraseしたあとでフラッシュし直したところ、起動ループは解消してTWRPに入ることはできるようになりました。

で、CM12.1とgappsをインストールしようとしたのですが、こんどはTWRPのコンソールに「cacheがマウントできない」というメッセージが赤字で何度も出てきて嫌な感じです。とりあえずインストールは終わったので、リブートしてみたのですが、Cyanogenmodのマークが表示されたところから先に進みません。

で、もう一度TWRPのメニューをすみからすみまで見渡したら、"Advanced"に"Fix Permissions"という項目があったので、それを適用したらcacheのマウントエラーが消えて正常にインストールできました。

とりあえず、正常稼働しています。いろいろ勉強になりました。

« Kindle用固定レイアウト本の作成について | Main | Kindle Fire HD 7 (2012) (CM12入り)をオーバークロックしてみた »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34291/61828053

Listed below are links to weblogs that reference Kindle レンガに... そして復帰:

« Kindle用固定レイアウト本の作成について | Main | Kindle Fire HD 7 (2012) (CM12入り)をオーバークロックしてみた »