« February 2013 | Main | September 2013 »

April 22, 2013

Kindle PWこのごろ

購入して5カ月経ちましたが、なんのかんの言いながら、まだ使っています。Kobo Touchが2週間ほどで嫌になってしまったのとは大違いです。モノとして良くできていると思いますね。

# とはいっても、常用しているのはSony ReaderのPRS-T1とPRS-350ですが。

Kindle PWの不満点はやはりユーザーが使えるメモリが少なく、拡張できないことです。また、これと直接は関係ないと思いますが、重いPDFを開いている時などに「メモリ不足です」というメッセージが出て勝手に閉じてしまうのにも困っています。全般的にPDFの表示については今一つの部分が多いと感じています。

KindleではPDFのリンクジャンプが無効という件は前に書いたような気がしますが、AZW3フォーマットでもクリッカブルマップはサポートされていないようで、自炊本にリンクジャンプを設定する方法は無さそうです。

| TrackBack (0)

EPUBのクリッカブルマップ

# Sony Reader (PRS-T1)で読むことしか考えていません(笑)

自炊本にリンクジャンプを設定したい場合には、自炊本をPDFで作ってFoxit Readerなどのツールで設定するのが普通と思います。

まあ、これで何の不満も無いのですが、EPUBで同じことができるかどうか試してみました。

結論から言うと、できます。(手間がかかるので、わざわざEPUBを採用するメリットは無さそうですが、クリック領域の座標を数値で指定できるので、きれいに並べたりするのには有効です)

私の場合、ChainLPでEPUB出力を選択して作成したファイルを一度バラして、目次のページにクリッカブルマップを設定しました(設定にはこれを参考にしました)。

注意点としては、Sony Reader(というか、Adobe Digital Editions)は、writing-modeをvertical-rlにしていると、座標の縦軸と横軸を入れ替えて解釈してしまって面倒なので、writing-modeの指定をCSSから削除しておく必要があります(自炊本の場合、writing-modeを縦書きに指定する必要は無いはずです。ページめくりの方向はwriting-modeとは別に指定できます)。

| TrackBack (0)

Kindle Fire HDこのごろ

当初のもくろみ通り、ちょっとした調べ物などに便利に使っています。

重いので読書に使う気にはなれません。

が、雑誌やアメコミを読むのにはちょっと良いですね(まあ、これらを主目的にするのなら、10インチが欲しくなるのも事実ですが)。

米アマゾンのアカウントと紐付けると、amazon.comで売られている雑誌を買うことができて、たとえばSF雑誌のAnalogとかは、ページイメージとリフロー型のテキストを切り替えて表示できるという面白い仕様になっていました。(米アマゾンと紐付けていると、他にいろいろ不便な点が出てしまうので、元に戻してしまいましたが)

アメコミはcomixologyのアプリのapkをスマートフォンから移してインストールしています(当然、自己責任です)。Kindleからはアプリ内購入ができません(Google Playにアクセスしようとして失敗する)が、購入だけスマートフォンでやっておけば、購入済みのものをダウンロードすることは問題なくできます。

| TrackBack (0)

« February 2013 | Main | September 2013 »