« December 2012 | Main | April 2013 »

February 18, 2013

PRS-T1の英文フォント問題(つづき)+補足(2013.9.28)

時間が無いので手短に。

スタイルシートにbody { font-family: "serif"; }などと書いてあればボールドやイタリックが表示されることがわかりました。フォントの埋め込みは不要です。

font-familyの指定が無いとデフォルトのフォント(日本語用?)が使われ、そのフォントの英数字はボールドやイタリックの書体を持たないのだと思われます。

(2013.9.28補足)
Readerに搭載されているEPUBビューアのfont-family解釈のまとめです。

serifとsans-serif(いずれも引用符無し)はデフォルトの日本語フォントで、これには英文のボールド・イタリックがありません。
"serif"と"sans-serif"とすると、ボールドやイタリックを持つ欧文フォントを指定することになりますが、これには日本語の文字は格納されていないので、文書全体のfont-familyをこちらに指定すると、日本語は表示されなくなります。

しかし、"serif" "sans-serif"を指定していても、language=jaが指定されていると欧文フォントは使われず、日本語が表示されます(ややこしい)。

| TrackBack (0)

« December 2012 | Main | April 2013 »