« August 2012 | Main | October 2012 »

September 07, 2012

英文フォント問題はPRS-T2で解決しているのだろうか?

米版PRS-T2のマニュアルには相変わらず「"Original"以外のフォントを選択した場合は、イタリック体やボールド体が正しく表示されないことがある」という注意書きがあります。

ところが一方で、「PRS-T1のフォント問題はPRS-T2では解決している」という書き込みをwww.mobileread.comのフォーラムで見つけました。

それで、もしかして日本版PRS-T2では英文フォント問題は解決しているのでは?と思ったのですが...

PC上のAdobe Digital Editions 1.8.3(ADE)で添付のfonttest.epubを開くと
Image001

この図のようにイタリックやボールドが表示されます。ところが、このepubファイルのメタ情報を変更して「言語(language)」を日本語("ja")にすると、ADEでの表示が次の図

Image002

のようになり、イタリックもボールドも表示されません。これは日本版PRS-T1での表示と同じです。ただし、PRS-T1ではepubファイルの「言語」を日本語以外にしても表示に変化がありません。

ということで、もともとADEには「言語」によって自動的に使用フォントを切り替える機能が備わっているが、日本版PRS-T1に格納されているモバイルADE(?)には、「言語=日本語」用のフォントしか搭載されていないのではないか、というのが私の推測です。

そうだとすると、これは「仕様」であって、米版PRS-T1のフォント問題とは全く別種のことということになり、結果として、PRS-T2でも改善は見込めない、ということになります。

本当のところはどうなんでしょう?(添付のfonttest.epubをPRS-T2で開けばわかるのですが...店頭で確認できる話でもないし...)
「fonttest.epub」をダウンロード

| TrackBack (0)

新製品続々

KoboもAmazonも新製品を発表しましたね(国外の話ですが)

タブレットは別として、電子ペーパー端末は「フロントライト搭載」「高解像度」が定番になるのでしょうか?(画面のドット数が変わったら、ドットバイドットで作った自炊本は作り直さないといけない、のかなあ?)

高解像度になっても値段はあまり変わらないみたいなので、代わりに何が犠牲になっているのだろうと心配(というより、ひとごとなので興味しんしん)になります。

Koboが5インチのデバイスを出すのもおもしろいですね。私は日常の持ち歩きにはPRS-350を使っていて、5インチデバイスのニーズはあると思っているのですが、Kindleは小さいものはありませんし、ソニーも海外ではPRS-350を売っていないようなので、実際のところKobo miniがどのくらい受け入れられるのか、関心があります。

ごく私的な願望ですけど、PRS-T1かT2の5インチ版(メモリスロットは無くても良いけど、代わりに内蔵メモリは4GBはほしい)があったら欲しいなと思っているので、Kobo miniがヒットすれば、そういうことも起こりうるのではないかと...(ムリ?)

# それにしても、Kindle日本版はどうなるんでしょう?

| TrackBack (0)

September 03, 2012

PRS-T2日本版発表

正式発表されましたね。

ボタンがタッチセンサーになった、という記事をどこかで見たと思っていましたが、間違いだったようです(ハードキーのキートップがアイコン型になっているらしい)。

# 興味はありますが、PRS-T1ユーザーとしては手が伸びるほどではないかな。個人的には、PRS-T1やPRS-350の値下げの方が衝撃でした。

PRS-T1に今もある
・英文PDFから辞書が引けない
・内蔵英文フォントのボールド体・イタリック体が表示されない
といった不具合はどうなっているのでしょう?(PRS-T2で直るのならPRS-T1でも直りそうな気がしますが)

| TrackBack (0)

« August 2012 | Main | October 2012 »