« Sony Reader PRS-600日本語化(1) | Main | Sony Reader PRS-600日本語化(2) »

February 04, 2010

Kindle 2国際版 日本語フォント導入失敗と復帰(1)

Kindleのフォントを入れ替えて日本語の表示を可能にするハックはすでに広く知られていると思いますが、本家で配布されているDroidフォントがあまり気に入らなかったので、手持ちのフォントで作り直したものを入れようとして...失敗しました。

ハックのサイズが大きいので時間がかかるだろうと放っておいたら、いつのまにか画面には"Your Kindle needs repair"の文字が...orz

そのままではPCから認識もされないし、お手上げだと思って3週間ほど放置してました。が、リブート時にホームボタンを押していると"recovery
mode"に入ることがわかって、復帰の望みが出てきました。

recovery modeと言っても、そこで何ができるというわけではありません(kindle 1ではそこからfactory
resetができたみたいですが)。ただ、usbのデーモンが生きているらしく、PCにつなぐと認識されます。これならanti brick
hackで中をいじることができるかも、というわけです。

# なので、何かやる前にanti brick hackを入れるのは必須かと。

(続く)

« Sony Reader PRS-600日本語化(1) | Main | Sony Reader PRS-600日本語化(2) »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34291/47475049

Listed below are links to weblogs that reference Kindle 2国際版 日本語フォント導入失敗と復帰(1):

« Sony Reader PRS-600日本語化(1) | Main | Sony Reader PRS-600日本語化(2) »